サイト工事中につき、一部表記が乱れます。

年間最大21万6千ANAマイルを生み出すソラチカカードについて

メイ

どうもメイです。本日はANAマイルを貯めるために必要なソラチカカードについてお伝えします。

このブログを普段からご覧頂いている方はご存知かと思いますが、飛行機に乗らずにANAのマイルを大量に貯める方法があります。

非公開: 【アメリカでANAのマイルを貯める方法】ポイントサイトとその仕組みを徹底解説

それはポイントサイトで貯めたポイントをLINEポイントに一旦変換し、そのドットマネーを東京メトロポイントに変換し、0.81倍の比率でANAマイルへ変換するというものです。

これら一連の方法の中で、東京メトロポイントを0.81倍の比率でANAマイルに変換する為に必要なのがソラチカカードです。

本日はこのソラチカカードについて詳しくお伝えします。

ソラチカカードとは

正式名称は「ANA To Me CARD PASMO JCB」と言い、マイルとメトロポイントの両方が貯まるカードとなっています。

ANAが空(ソラ)に対し、東京メトロは地下(チカ)なので、二つを合わせて「ソラチカ」通称:ソラチカカードと呼ばれANAマイルを貯めるのに欠かせないカードとなっています。

カードの基本情報は以下の通りです。

  • 年会費:2,000円 (税別) ※ただし初年度年会費無料
  • 海外旅行損害保険:最高1,000万円
  • 国内航空傷害保険:最高1,000万円
  • ショッピングガード保険:(海外)最高100万円
  • 入会ボーナスマイル:1,000マイル

ソラチカカードが重要な訳

なぜこのソラチカカードが重要なのかと言いますと、ポイントサイトで貯まったポイントを0.81倍という非常に高い比率でANAのマイルへ変換できるからです!

例えばですが以下のようにポイントサイトであるちょびリッチのポイントを直接ANAのマイルへ変換することも可能ですが、その比率は0.5倍と低い比率となっています。

※ちょびポイントは「200ちょびポイント=100円相当」

これに対して、東京メトロポイントは100ポイントを90マイルという0.9倍の比率でANAのマイルへ変換することが出来ます!

これがポイントを転々とさせる最大の理由で、ポイントサイトから直接ANAのマイルにしては0.5倍にしかならないものが、ポイントサイトのポイントを中継サイトのLINEポイントに変換し、LINEポイントを東京メトロポイントに移行できる為、ソラチカカードを持っていればメトロポイントを0.9倍の比率でANAマイルへ変換することができ、最終的にポイントサイトのポイントが0.81倍でANAのマイルへ変換できるという図式が成り立ちます。

アメリカ在住でも発行出来るのか?

結論から言うと届け先となる家族(実家)の住所があれば出来ます。

日本のクレジットカードの発行でネックとなるのが受け取りで、その方法は主に2種類あります。

  • 簡易書留
  • 本人限定受取郵便(特定事項伝達型)
簡易書留での配送であれば本人でなくても受け取ることが可能ですが、本人限定受取郵便の場合は免許証や保険証などの身分証明書の提示を求めれる為、アメリカから遠隔で発行することが出来ません。

ただしソラチカカードの場合は「簡易書留」形式のカード配送になりますので、アメリカ在住でも日本に届け先住所さえあれば発行可能です。

お得なソラチカカード発行方法

せっかくなので、登録したポイントサイトのハピタスやちょびリッチ経由でソラチカカードを発行したいところですが、残念ながら両ポイントサイトともソラチカカードの案件はありません。

稀に出てくることもあり2017年12月に一度復活しましたが、3日程で消えてしまいました。

発行会社としてもわざわざお金を払ってポイントサイトに載せてなくても需要がある、ということですね。

ではポイントもマイルも貰えないのか、と言うとそんなことはありません。

マイ友プログラムという制度を使えば通常の入会ボーナスの1,000マイルに加えて500マイルを貰うことができ、合計で1,500マイルを貰うことが出来ます。

 

これは紹介した側、された側双方にボーボナスの500マイルが付与されますので、ご夫婦であればどちらかから紹介すれば、夫婦合わせて1,000マイル貰うことが可能です。

もし夫婦間でのやりとりが面倒という方や、紹介して貰える方がいらっしゃらないということであれば下記よりメイへご連絡下さい。

喜んでご紹介させて頂きます。

お問い合わせはこちら

マイ友プログラムの注意点として、マイ友プログラムに先に登録した後に、続いてカードを発行する必要があります。この順序が非常に大事です。

先にカード申し込みをしてしまった後にマイ友プログラムに登録してもボーナスマイルは貰えませんのでご注意下さい。

ソラチカカード申し込み時の注意点

一般的なカード申し込みと同じですので特に難しい点はありませんが、申し込み時に「ポイントコース選択」というのでどれを選べば良いか迷うと思います。

後からも変更出来ますが、「マルチポイントコース(5マイル)」を選択して下さい。

理由はありますが、このカードは基本決済等で使うものではなく東京メトロポイントを0.9倍の比率でANAマイルへ変換する(手数料無料)ためのカードですので、何も影響のない「マルチポイントコース(5マイル)」で大丈夫です。

まとめ

以上がソラチカカードの概要と発行における注意点となります。

このカードがあればアメリカに居ながらにして大量のANAマイルを貯めることが出来ます。

カードの現物も特に必要ありませんので、家族に保管しておいて貰い日本帰った際に回収するという形で大丈夫です。

発行後は以下のような形でマイルが貯まっていきますので

無料でフルフラットのビジネスクラスでの日本帰国も夢ではありません。

是非この機会にソラチカカードを発行し、ANAのマイルをたくさん貯めていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です