サイト工事中につき、一部表記が乱れます。

Chaseクレジットカード 5/24ルールについて

メイ

どうも、メイです。
Chaseはアメリカの銀行の一つで、クレジットカードも発行しています。

発行しているクレジットカードの代表的なものとして、

  • ブリティッシュエアウェイズ
  • ユナイテッド航空
  • マリオット
  • IHG
  • Chase Sapphire Preferred

など、多くのボーナスポイントが貰うことができ、人気のカードが多いため発行出来る枚数に制限があります。

本日はその「5/24ルール」について詳しくお伝えします。

Chase 5/24ルールとは

ずばり5/24ルールとは直近24ヶ月以内に5枚以上のクレジットカードを作っている場合、新しくChaseのクレジットカードを作れないというものです。

また、この5枚に関してはChaseのクレジットカードだけでなく、他社ブランドで発行したクレジットカードも含みますので注意が必要です。

以下、実例を元に説明したいと思います。

ケーススタディ

  • クレジットカードを一度も発行したことが無い
  • または直近24ヶ月の間に一度もクレジットカードを発行していない。

この場合、最大で発行できるChaseのクレジットカードは5枚までで、6枚目以降は発行できません。

もし1枚目をChaseのクレジットカード、2枚目はアメックス、3枚目をCitiのクレジットカードを発行した場合、残り作れるChaseのクレジットカードは「2枚」です。
5/24ルールの「5枚」は他社ブランドのクレジットカードも含みます。

家族カード(Authorized User Credit Card)

この「5枚」は家族カード(Authorized User Credit Card)も含む為、たとえ自分が発行していなくても1枚としてカウントされます。

仮に旦那さんが発行したクレカのAuthorized User Credit Cardを直近24ヶ月で2枚発行している場合、残り作れるChaseのクレジットカードは「3枚」となりますので注意が必要です。

他社のカードも5枚以上作れないのか?

あくまでChaseのクレジットカードのルールなので、Chaseのクレジットカードを5枚発行後にアメックスやCitiのクレジットカードを作ることは可能です。

メイの”ワン”ポイントアドバイス
アメリカに来てクレジットカードを発行する際は、まずChase系のクレジットカードを5枚発行し、その後アメックスやCitiなどの他社ブランドのクレジットカードを発行することをオススメします。

 

ただ、これって意外とキツイんですよねぇ。アメックスなど定期的にLimited Time Offerという期間限定で初回ボーナスマイルを増額してくるので、Chaseのクレジットカードを先に発行したいけどアメックスのオファーも見逃したくないというジレンマに陥ります。

24ヶ月待てば発行することは可能ですが、この為に24ヶ月一切クレジットカードを発行しないというのももったいない為、この辺は割り切りが必要ですね。

Chase 5/24ルール適用外のクレジットカード

Chaseのクレジットカード全てに適用されると思われていたこのルール、実は以下のクレジットカードにはルールが適用されません。

  • British Airways Visa Signature Card
  • IHG Rewards Club Select Credit Card
  • The Ritz-Carlton Rewards Credit Card
  • The Hyatt Credit Card

メイ

実際にメイもChaseのクレジットカードを含め、直近24ヶ月で8枚のクレジットカードを作っている状態でしたが、ブリティッシュエアウェイズのクレジットカードを無事発行することが出来ました。

なのでChaseのクレジットカードを最初の5枚を選ぶ際は、このことも頭に入れた上での検討をオススメしますが、いかんせこの適用外ルールもいつ変更があってもおかしくありません。

 まとめ

Chaseのクレジットカードは種類もボーナスポイントも魅力的ですが、5/24ルールという厄介なルールもある為、これらルールを頭に入れた上でクレジットカードの発行を検討してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です