赤ちゃん連れのANAファーストクラス搭乗記はこちら

赤ちゃん連れ!ANA ビジネスクラス 搭乗記 (成田~ハワイ) 機内食やバシネットなど全て見せます!

https://shibaken-mei.com/wp-content/uploads/2018/01/メイ吹き出し.jpg
メイ

こんにちは、メイです。

先日4ヶ月の赤ちゃんを連れ、ハワイ行きのビジネスクラスに搭乗してきました。

子供が生まれて早くも4ヶ月。

少々不安はあったものの、子供が生まれる前から奥さんと一緒に「ご褒美旅行」としてハワイ旅行を計画していました。

この記事では通常のANA(全日空)のビジネスクラスの「機材」、「サービス」、「機内食」などのレビューに加えて、「バシネットってどんな感じ?」「赤ちゃん連れのビジネスクラスはどお?」っといった赤ちゃん連れのエッセンスを交えながら写真たっぷりでレビューしていきたいと思います。

基本情報

https://shibaken-mei.com/wp-content/uploads/2017/11/メイ嬉しい.png
メイ

レビューに移る前に、まずは基本情報をお伝えしますね!

ANAのハワイ便について

2019年11月時点で、1日3便のホノルル行きの便が就航しています。

便名出発時間空港機材
NH18420:25成田A380
NH18221:30成田A380 or B787
NH18622:15羽田B787

メイが搭乗したのは成田発のNH182便です。

2019年5月24日に就航を開始したウミガメ模様の2階建てエアバスA380で行きたかったのですが、特典航空券の空きがなく当初はB787の機材で行く予定でした。

・・・が、出発の2週間ほど前に機材変更があり、ニューヨークなどの長距離線で使用されているB777-300Rへと機体が変更になりました。

B787B777-300Rの大きな違いはファーストクラスの設定があるかないかで、メイが搭乗したビジネスクラスは現在ANAの国際線の多くで使用されている主流スタッガードシート配列のシートなので、B787B777-300Rで違いはありません。

よって今回は

機体B777-300R
機内食、サービスA380と同様のハワイ便のもの

のビジネスクラス搭乗記としてご覧頂ければと思います。

必要マイル数

ハワイの特典航空券に必要なマイル数は以下の通りです。(往復/人)

クラス/シーズンローレギュラーハイ
エコノミー35,00040,00043,000
プレミアムエコノミー53,00058,00061,000
ビジネスクラス60,00065,00068,000
ファーストクラス120,000120,000129,000
メモ

2歳未満の座席を必要としない幼児に関しては

  • 同伴する大人と同じクラスの幼児運賃航空券を別途購入
  • 同伴する大人の特典航空券に必要なマイル数の10%

のいずれかで発券可能なので、メイは大人の10%のマイルを使って発券しました。

ちなみにですが、有償で大人2人ビジネスクラスに乗る場合、片道で約112万円かかります!

このようなめちゃめちゃ高く普通では有償では支払うことの出来ない航空券を発券出来るのが、マイルを使った特典航空券の魅力ですね!

それでは、成田空港到着からハワイ到着までのレビューを見て行きましょう!

機内への搭乗前まで

チェックインカウンター

いつも空港にいくと「ANAの国際線出発ってターミナルどこだっけ?」と忘れてしまうのですが、成田空港のANAの国際線出発は「第一ターミナル南ウィング」になります。

ANAのHPより抜粋

尚、ANAのビジネスクラスカウンターは「B」になります。

少々早めに空港に着いたということもあり、めちゃめちゃ空いてました。

並ぶことなくパスポートを見せチェックインです。

ちなみにですが、赤ちゃん用にも搭乗券が発券されます。

ビジネスクラスに限りませんが、2歳以下の子供で席を必要としない場合は座席番号は「INF」と記載されます。

また、A型のベビーカーは機内に持ち込みが出来ません。

スーツケースとともに預け入れ荷物としてチェックインカウンターで預ける必要があります。

代わりに以下のベビーカーを借りることが出来ますが、メイJrは生後4ヶ月の赤ちゃんでまだ腰が完全に据わっていないので、使うことが出来ず荷物カートの変わりとして使ってました。

対象年齢は腰が据わって椅子にしっかりと座れる赤ちゃんからが対象かと思います。また搭乗ゲートのところで返却する形となります。

保安検査場

ビジネスクラス以上の搭乗者及び、スターアライアンスゴールド以上の上級会員の方はゴールドトラックを利用することが出来ます。

メイが利用した際は一般レーンと大した混雑の違いはありませんでしたが、年末年始やゴールデンウィークなどの繁忙期は、より違いを感じることが出来ると思います。

ANAラウンジの利用

搭乗まで時間があるのでANAラウンジに向かいます。

出発ゲートのすぐそばにあるので、出発直前まで利用可能です。

国内線のラウンジとは異なり、シャワールームがあったり、食事もかなり種類豊富です。

詳細は別記事に纏めますのでお待ち下さい。

搭乗ゲート

44番ゲートから搭乗です!

尚、ビジネスクラスは「GROUP2」の搭乗グループですが、2歳以下の幼児を連れた方は優先搭乗で一番に機内へ案内して頂けます。

大きな機体がチラッと見えました。いよいよ搭乗です!

ビジネスクラス機内

座席について

今回は「5D」「5G」の席を利用しました。

ちなみにこの席、バシネット装着可能席ということもあり、5D、5Gの席の間にパーテション等はなく、物理的にも繋がっています。

こんな感じで覗き込めば隣を確認することが出来、赤ちゃんの受け渡しもスムーズなので、2歳以下のお子様連れにはオススメの席となります。

バシネットの注意点について
ANAのビジネスクラスではバシネット装着可能な席に限りがあります。

またバシネットはANAのコールセンターに電話し、事前に予約する必要があります。

装着可能な座席は機材によって異なるので一概には言えませんが、ANAのコールセンターに確認が出来たのは以下の通りです。

機体席数 バシネット装着可能席
B777-300ER264席、250席 5D、5H、7D、7H
B777-300ER212席 5D、5H、7D、7H、18D、18H
B777-300ER新212席16D、16H、20D、20H
B787-9 (789)246席2G、10G

尚、ビジネスクラスに関しては座席のロックがかかっていないようで、誰でも座席を指定出来てしまうそうです。

よってビジネスクラスでバシネットを利用する際は早めにコールセンターに連絡し、装着可能な座席を確認の上、横並びの席を指定することをオススメします。その際にバシネットの手配も忘れないよう注意が必要です。

座席の外観

座席の外観ですが、赤ちゃん連れで一番に機内に入れたので、隣の窓際席の「5A」もパシャリと撮らせて貰いました。

通路側にサイドテーブルがあるので、よりプライベート感がありますね!

1人でご利用であれば窓際の席をオススメします。

メイが搭乗した「5D」の席の外観です。

バシネット設置スペースがかなり広いです。

座席の内観

座席を内観を見ていきましょう!

座った状態で足も広々と伸ばすことが可能です。

モニターは17インチのモニターを採用しています。

ハワイ便ということもあり、離陸前の安全ガイドがウミガメさん仕様でした。

フルフラットにするとこんな感じです。

大人でも十分に足を伸ばして寝ることが出来るスペースがあります。

足はモニターの下のスペースに入り、布団を被るとベッドで寝ているのと遜色ありません。

サイドテーブルもスペースが広く、パスポートやスマートフォン、タブレットを置くことが可能です。

サイドテーブル下にはリクライニング調整のボタンと、リモコンが装着されています。

アメニティについて

続いてアメニティをチェックしていきましょう!

といってもビジネスクラスなのでそこまでアメニティは多くありません。

  • スリッパ
  • アメニティポーチ
  • ソニー製ノイズキャンセリング機能付きヘッドフォン

ポーチの中身ですが、「アイマスク」、「歯ブラシ」、「超薄っぺらいA380の機体が印字されたエコバック」でした。

正直長距離線のビジネスクラス のポーチと比べるとショボいな、っというのが印象でした。

ブランケットです。

フルフラットにした際に敷く、マットレスです。

子供連れということもあり、ひこうきシールブックも頂きました。

バシネット装着スペース詳細

気になるバシネットってどんな感じで、装着するとどんな感じになるのかをご紹介します。

まずスペースはこんな感じでかなり広いです。

壁の右側に3点のバシネットを装着する為の受け口があります。

離陸して、シートベルトサイン消灯後すぐにCAさんがバシネットを設置してくれます。

装着するとこんな感じです!

中身は白いガーゼっぽい生地で全体が覆われており、下にタオルが敷かれているのみです。

正直な感想としては「予想以上に狭い!」と感じました。

もちろんバシネットに快適さを求めてはいけないんだとは思いますが、うちの子は搭乗時、身長が65cm、体重が8kgでしたがちょっと肩幅ほぼピッタリといった感じでした。

また本来はシートベルト的な役割として、下の写真のようにマジックテープで蓋をするような形にしなくてはいけないっぽいです。

メイはこの「蓋」は閉じずにいましたが、特に何も言われませんでした。

夜便でしたので、抱っこで寝かしつけ、そーっとバシネットに置きましたが少しグズってしまったので、「抱っこ⇒寝かしつけ」を2度ほど繰り返しました。

結局バシネットでは2時間ほど寝てくれましたが、いつもと違う環境ということもあり、目が覚めてしまった為、それ以外はバシネットの外で過ごしました。

席をフルフラットにして、足の間に置いて遊んだり。

ビジネスクラスのメリットですね!

着陸も近づいてきたので、CAさんにバジネットを外して頂きました。

個人的に「これ良い!」っと感じたのが、バシネットを外したスペースに大人用の掛け布団を下に敷いて赤ちゃんを寝かしてあげることです!

広々としたスペースで赤ちゃんも居心地が良さそうでした。

注意
このスペースですが、本来物を置くためのスペースではないので、赤ちゃんを寝かせることは本来は認められないそうです。

CAさんに確認したところ、対応するCAさんによっては注意する方もいるかもしれない、とのことでした。

長時間上記の状態のまま寝かしつけて、親も寝るというのは認められないと思いますが、親もしっかりと見た上で数十分程度であればOKだと思います。

常識の範囲内でCAさんからの指示を守り、節度を持って対応しましょう!

機内食について

さあ続いては機内食の紹介です。

せっかく大人2人で搭乗しましたので、メイが「洋食」、奥さんが「和食」を頂き両方の食事を体験してきました。

まずはウェルカムシャンパンを頂きます。

プラスティック製のグラスに入ってきます。

機内食、ドリンクが記載されたメニューが配られます。

ANA HPより抜粋

テーブルを引き出し、テーブルクロスが敷かれます。

さすがビジネスクラスですね!

まず最初はアミューズです。

CAさんが持つ4種類のアミューズが乗ったプレートから好きな物を選びます。

アミューズ
  • 鴨の燻製とセミドライ無花果のラム酒漬け
  • さつま芋のニョッキレモンクリームソース
  • スモークサーモントラウトとクリームチーズロール
  • アーモンドとカシューナッツのロースト

和食

和食ですが、お盆に全ての品が乗った状態で出て来ました。

和食
  • ソフトシェルシュリンプ唐揚げ
  • ずわい蟹と春菊の白掛け
  • 干し杏オレンジ煮チーズ最中 黄身寄せ真丈
  • 翡翠茄子
  • 銀鱈山椒焼きと牛肉味噌焼き
  • 俵御飯
  • 味噌汁
  • 水寒天

どれも本格的な和食料理でとっても美味しかったです。

洋食

続いて洋食です。

洋食
  • スモークサーモンと蟹サラダ スモーク鴨と彩り野菜
  • ポークフィレのロースト スパムとポテトのグラタンのせ
  • バゲット かぼちゃ
  • ヨーグルト・サティーヌ

どれも機内食とは思えないクオリティで本格的でした。

バターや塩など、しっかりと別皿で提供されているところに高級感を感じました。味もとても美味しかったです。

軽食

ラウンジでも食べていたので、結構お腹いっぱいでしたが朝食がてらいくつか軽食も頂きました。

ちなみにメイが搭乗した際の「お好きな時に」軽食メニューは以下です。

ANAのHPより抜粋

きのこのクリームスープパスタ

サンドイッチセット(小海老とチェダーチーズのクロワッサンサンドイッチ フルーツ ヨーグルト)

Ben & Jerry’s アイスクリーム

プティフール

機内サービスについて

機内サービスはエコノミークラスとは違い、搭乗時に「ご搭乗ありがとうございます、○○様」と名前で声をかけてくれました。

また家族写真のリクエストにも快く引き受け写真を撮ってくれました。

その他、呼び出しボタンにはレスポンス早く対応頂き、食事の提供等もとてもスムーズでした。

エコノミークラスよりも、より「個」として扱って頂いている印象を感じました。

赤ちゃん連れの感想

今回、赤ちゃんと一緒に初めてビジネスクラスへ搭乗しました。

正直、賛否両論あると思いますし、せっかくのビジネスクラスなので周りの方に迷惑をかけないようにと心がけました。

バシネットが少し狭いという予想外の点はありましたが、大声で泣くことはなく、夜便ということもあり、結構寝てくれました。

個人的にはエコノミーよりも格段にスペースが広く、親の身体的負担はだいぶ楽でした。

フルフラットシートということもあり、ハワイに到着してからの疲労度がやはり違いますね。

ハワイ便は子連れの方も多く、私達以外にもビジネスクラスで赤ちゃんを連れている方がいたので、もし検討されている方いらっしゃればハワイ便は比較的オススメの便となります。

まとめ

以上が赤ちゃん連れのビジネスクラス搭乗記となります。

バシネットの感じや赤ちゃん連れのビジネスクラス搭乗がどんな感じだったかが少しでも参考になれば幸いです。

往路は赤ちゃんを連れてファーストクラスに搭乗しました。

以下の記事を参照下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です