サイト工事中につき、一部表記が乱れます。

アメリカにおけるクレジットスコアの全て!

メイ

どうも、メイです。
アメリカに住んでいると欠かせないのがクレジットカードですよね。

概要については以下の記事でお伝えしました。

アメリカ版 クレジットカードの種類や特典、初回ボーナスポイント、マイルについて詳しくお伝えします!

本日はこのクレジットカードを発行する上で重要となるクレジットスコアについてお伝えします。

クレジットスコアとは?

そもそもクレジットスコアとはその人のお金にまつわる信用度合を測るもので、クレジットカードの発行審査、住宅ローンの審査、更には就職や賃貸物件の入居審査などにも用いられます。

この人はお金の面でどの位信用できるのか、というのを数値化したものですね。

アメリカの代表的なクレジットスコア会社

アメリカには個人の信用情報を評価する信用情報機関があり、代表的なもので言うと、

  • トランスユニオン(TransUnion)
  • エキファックス(Equifax)
  • エクスペリアン(Experian)
  • FICO

などがあります。

これら信用情報機関に、クレジットカード、住宅ローン、公共料金、家賃などの個人の利用や返済に関する履歴が大量に集まります。

それら情報をもとに、各機関独自の計算方式で個人のお金に関する信用力を測るクレジットスコアを割り出します。

尚、CreditKarma.com というサイトでは、トランスユニオン(TransUnion)とエキファックス(Equifax)の2つのクレジットスコアを無料で調べることが出来ます。

また、アメックスカード、Discover カード、ANA USAカードをお持ちの方であれば、FICOのクレジットスコアを無料でチェックすることが出来ます。

クレジットスコアの内訳

ではいったいどのようにしてこのクレジットスコアが測られているのでしょうか。

各信用機関で計算方式は異なるものの、基本的にはFICOスコアのノウハウが基準となってると言われています。

その内訳として、

  • Payment History(支払い履歴):35%
  • Amounts Owed(借り入れ上限額の何割を使っているか):30%
  • Length of Credit History(信用履歴の長さ):15%
  • Credit Mix(クレジットの種類、構成):10%
  • New Credit(新規借り入れ額):10%

となっています。以下、細かく見ていきましょう。

Payment History(支払い履歴):35%

これはズバリ、「遅延や延滞なく期日までに支払いを行えているか」です。

日本のようなリボ払いという制度はなく、毎月使った分を期日までに支払う必要があります。

延滞した場合、利子がつくだけでなくクレジットスコアにも大きく影響しますので、支払えない金額は使わないようにし、クレジットカード発行後はAuto Payment(自動引き落とし)の設定を忘れずにしておきましょう。

Amounts Owed(借り入れ限度額の何割を使っているか):30%

クレジットカードには個人の信用情報や財務状況に合わせて利用限度金額が設定されています。

このAmounts Owedは「自分が保持している全てのクレジットカードの合計利用限度金額のうち、何割を使っているか」を測る項目になります。

クレジット利用限度額の上限に近い金額を使っていると、綱渡りでやりくりしていると思われ信用度が低くなります。

一般的に合計の利用限度金額の20%~30%以内に抑えることが理想とされています。

ちなみにまったくクレジットカードを使わない(0%)とスコアは上がりませんので注意が必要です。

Length of Credit History(信用履歴の長さ):15%

これはクレジットヒストリーの年数になります。

以下のように長ければ長い程スコアが良くなります。

尚、日本人駐在員の方などアメリカにきてすぐの方は、このクレジットヒストリーがない為クレジットカードを発行することが出来ません。

例外として、ANA USAカード、JAL USAカード、プレミオクレジットカードなどはクレジットヒストリーがなくても作ることが出来ます。

まずはこれらカードを1年程使い、クレジットヒストリーを作ることで他のカードを発行出来るようになります。

Credit Mix(クレジットの種類、構成):10%

これはその個人がどのようなクレジットがあるかで、クレジットカードの発行枚数が多かったりローンがたくさんあったりするとスコアが下がります。

New Credit(新規借り入れ額):10%

これは直近の短い期間でどれだけクレジットカードを発行したかなどを見る指標です。

短期間でクレジットカードを発行しまくると、使うだけ使って逃げる可能性がある為、スコアを下げる要因の一つとなってしまいます。

 クレジットスコアの目安

ではこのクレジットスコアがどの位あれば良いかと言いますと、信用機関によりスコアの算出方法が異なる為、一概には言えないと言うのが正直なところです。

あくまで一つの目安としてですが、FICOのスコアですと、

  • 800+     Excellent
  • 740 – 799  Very Good
  • 670 – 739  Good
  • 580 – 669  Not Good
  • 579 or less   Poor
となっています。

また、以下のサイトに年代別のクレジットスコアの平均が載っていましたので、ご参考までにご覧下さい。

年代別平均

メイ

ちなみにメイのクレジットスコアはだいたい700~740の間を推移していますが、今までの10枚のクレジットカードを問題なく発行することが出来ました。

クレジットスコアを上げるには

各項目の積み重ねですので「これをやれば良い!」というものはありませんが、スコアの内訳から以下の点に気をつけていきましょう。

メイの”ワン”ポイントアドバイス

・Auto Paymentを設定し、期日までに必ず支払う
・合計利用限度額の20%~30%以内に抑える
・短期間でクレジットカードを発行し過ぎない
・小額でも良いのでクレジットカードを使う

上記をしっかりと守り、半年から1年クレジットカードを使っていけば確実にクレジットスコアは上がると思います。

また、クレジットカードの解約でもクレジットスコアは落ちますので、解約する場合は同じ日に纏めて解約することをオススメします。

 まとめ

以上、アメリカにおけるクレジットスコアの概要をまとめさせて頂きました。

アメリカでのクレジットカードの発行は、日々の決済が楽になるだけでなく、マイルやポイントを貯める非常に重要なツールとなっています。

自分が発行したいクレジットカードを発行する為にも、上記項目を頭に入れながらクレジットスコアを高めていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です