サイト工事中につき、一部表記が乱れます。

アメリカ版 クレジットカードの種類や特典、初回ボーナスポイント、マイルについて詳しくお伝えします!

メイ

どうも、メイです。
アメリカで生活をしているとクレジットカードが欠かせませんよね。

スタバで5ドルのコーヒーを買う時も、ガゾリンスタンドで1ドルのスナックを買う時ですら使います。

そんなアメリカなら誰しもが使っているクレジットカード、実は日本と比べ貰える初回ボーナスやポイント還元率が圧倒的に多いんです!
今日はアメリカにおけるクレジットカードについて詳しくお伝えします。

1. アメリカのクレジットカードを発行するのに必要なもの

アメリカで発行されているクレジットカードを発行するには

  • SSN(ソーシャルセキュリティナンバー)
  • カードを送付する住所(アメリカ国内)
の2つが必要で、残念ながら日本居住者の方は作ることが出来ません。

また、クレジットスコアが低いと審査で落とされてしまいますので、ある程度のクレジットスコアが必要です。

クレジットスコアに関しては以下に纏めてありますのでご参照下さい。

アメリカにおけるクレジットスコアの全て!

2. クレジットカードの種類とブランド

代表的なクレジットカード発行会社として、

  • Chase
  • American Express
  • Citi Bank
  • Bank of  America
  • Barclay
などがあり、発行会社によってカードの種類・ブランドは異なりますが、主にクレジットカード発行会社オリジナルカード、航空会社系カード、ホテルグループ系カードの3種類に分けることが出来ます。

3. 初回ボーナスポイント(サインアップボーナス)

代表的なクレジットカードの初回ボーナスポイント(マイル)は以下のようになります。

時期によってLimited Time Offerという形で初回ボーナスが増加することがあり、ポイントには幅がありますが、カードを発行し3ヶ月以内に所定の金額を利用するだけでポイントを貰うことが出来ます。

クレジットカードカード発行会社初回ボーナスポイントボーナス条件
SPG Amex CardAmex25,000 – 35,000最初の3ヶ月で$3,000利用
Amex GoldAmex25,000 – 50,000最初の3ヶ月で$2,000利用
Amex PlatinumAmex60,000 – 100,000最初の3ヶ月で$5,000利用
Gold Delta Sky MilesAmex30,000 – 60,000最初の3ヶ月で$2,000利用
The Platinum Delta Sky MilesAmex35,000 – 70,000最初の3ヶ月で$3,000利用
Hilton Honors Surpass CardAmex60,000 – 100,000最初の3ヶ月で$3,000利用
Chase Sapphire PreferredChase50,000最初の3ヶ月で$4,000利用
Marriott Rewards PremierChase80,000 – 100,000最初の3ヶ月で$3,000利用
IHG Rewards PremierChase60,000 – 80,000最初の3ヶ月で$1,000利用
United Mileage Plus ExplorerChase30,000 – 50,000最初の3ヶ月で$3,000利用
British Airways Visa SignatureChase50,000 – 100,000最初の3ヶ月で$3,000利用
Citi AAdavantage PlatinumCiti30,000 – 60,000最初の3ヶ月で$3,000利用

これってすごくないですか?

メイも上記のクレジットカードを全て発行し初回ボーナスを頂きましたが、これだけで何度もタダで旅行に行ったり、日本へ帰ったりすることが出来ます。



それぞれのマイル、ホテルポイントはカード発行時に指定したマイル口座へ直接付与される為、たとえその後カードを解約したとしても没収されることはありません。

また、クレジットカード会社独自のカードのポイントはRewards Pointという形で付与され、各ホテル・航空会社マイルへトランスファーが可能です。

クレジットカード会社により提携先は異なりますが、ブリティッシュエアウェイズ、ユナイテッド航空、デルタ空港、ANAなどほとんどの航空会社へ「1:1」の比率でポイントをトランスファーすることが出来ます。

4. 初回ボーナスを何度も貰う

Chase系など一部のカードでは、この初回ボーナスを何度も貰うことが出来ます。

具体的にはカード解約後、2年が経過すれば再度カード発行の際にボーナスポイントを貰うことが出来ます。

メイの”ワン”ポイントアドバイス
アメックス系のカードに限りボーナスポイントが貰えるのは各カードにつき生涯1度きりとなっています。なので、アメックスに関してはLimited Time Offerなどボーナスポイントが高い時に発行することをオススメします。

5. 初回ボーナスに必要な利用金額を達成する為の裏ワザ

ここまでご覧になった方は、そうは言っても中々3ヶ月以内に初回ボーナスを貰う為に必要な利用金額を達成することは難しいのでは、とお思いになる方もいらっしゃるかと思いますが、実はこれギフトカードを購入することで簡単に達成することが出来ます。

また、このギフトカードもある方法を使ってマネーオーダーへと変換し、そのマネーオーダーを銀行にデポジットすることで、最終的には銀行にお金を戻すことが出来ますのでご安心下さい。

詳細を以下記事に纏めましたのでご覧下さい。

アメリカ版クレジットカード 初回ボーナスポイントを貰うために必要な利用金額を達成する為の裏ワザ

6. クレジットカード特典

中にはクレジットカードを持っているだけでお得な特典を受けられるカードもあります。
例えばIHGのクレジットカードでは、毎年のカード更新月にIHGグループどこでも1泊無料で泊まれる特典がつきます。

年会費はたったの$45ですので、カードを持っているだけで1泊$300~$500する高級ホテルのインターコンチネンタルホテルにだって無料で泊まることが出来るんです!

その他にも通常40泊以上しないと得られないプラチナムステータスが自動で付与され、朝食無料や無料アップグレードなど様々な特典を受けることが出来ます。

7. ポイント還元率

ボーナスポイントに加え、ポイント還元率もカードによっては高いものになってます。
航空会社系カード、ホテル系カードは、それら会社で利用すると1ドル当りポイント2倍~10倍で、これは日本にあるクレジットカードも同様かと思います。

一方クレジットカード会社が独自に発行するカードの場合、レストラン、ガソリンスタンド、スーパーマーケット利用で1ドル2ポイント、トラベル(航空券、電車、タクシーなど)利用で1ドル2ポイントなど、生活のほとんどをカバー出来る領域の還元率が2%となっています。

日本のクレジットカードですとANA VISAワイドゴールドカードで最大1.73%、SPGアメックスカードで最大1.25%ですので、2%を超えるものは中々ありません。

初回ボーナスでなく日々の利用の還元率も高く、アメリカのクレジットカードの優秀さがわかります。

8. 注意事項

良い話ばかりのアメリカのクレジットカードですが、いくつか制限事項もあります。

Chase 5/24ルール
Chase系のクレジットカードに関しては、直近24ヶ月の間に最大5枚までにしか発行できないというルールがあります。
この5枚は他社ブランドのクレジットカードも含みます。

詳細は以下の記事に纏めてありますので、参照下さい。

Chaseクレジットカード 5/24ルールについて
アメックス 新ルール
アメックス系カードで初回ボーナスポイントに関連し、2017年7月頃から新たな制限ルールが加えられました。

具体的には、

  • 他人向けのオファーコードでのクレジットカードの発行
  • 12ヶ月以内の解約
  • 初回ボーナスに必要な利用金額達成後の返品、返金
  • 初回ボーナスに必要な利用金額を達成する為のギフトカード等購入

上記が見受けられた場合、最悪の場合アカウントの凍結や、ポイントの没収となってしまいます。

こちらに関しても以下に纏めてありますので、参照下さい。

アメリカ版アメックス 初回ボーナスポイントに関する4つの新ルールについて

9. まとめ

以上がアメリカのクレジットカードの概要になります。

日本のクレジットカードと違い、クレジットスコアが高ければ1ヶ月の間に3枚発行なんてことも可能です。

メイ

メイも6ヶ月で11枚のクレジットカードを発行しました。

日本のクレジットカードでは考えられないボーナスマイル・ポイントを貰うことが出来るので、貯まったポイント・マイルで日本への一時帰国や旅行を楽しみましょう!

それぞれのクレジットカードの特徴や詳細については別途記事にする予定ですので、そちらもお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です