サイト工事中につき、一部表記が乱れます。

アメリカのクレジットカードの正しい発行順序

メイ

どうも、メイです。

アメリカで大量のマイルやポイントを貯めるためにかかせないクレジットカードの発行ですが、発行する順序が非常に重要です。

カードによっては順序が逆になってしまうと発行出来ないものや、カード会社によっては発行出来る枚数に限りがあるものもありますので、戦略的にカードを発行する必要があります。

本日は「どのクレジットカードをどういった順序で発行したら良いか」について詳しくお伝えします。

各社の発行限度枚数と事前に知っておくべきルール

クレジット発行会社によって一度に持てるクレジットカードの数(=発行限度枚数)は異なります。

またアメリカには数多くのクレジットカード発行会社があり、カード発行会社それぞれに独自のルールがあります。

正式には明文化されてはいませんが、様々な人からのフィードバックにより分かっている発行限度枚数と特筆すべきルールは以下の通りです。

発行限度枚数

カード発行会社発行限度枚数備考
Chase5枚ただし例外有り
アメックス4枚こちらも例外有り
Citiなし
Barclay なしArrival+カードのみ例外
Bank of America(以下BoA) 24ヶ月で4枚

カード会社のルール

  • Chase 5/24ルール
    直近24ヶ月で他社を含むクレジットカードを発行出来るのは5枚まで。
    つまり最大で持てるChaseのクレジットカードは5枚まで(ただし例外カード有)
  • アメックス 新しい4つのルール
    2017年の夏頃から加わった新しいルール
    その中でも初回ボーナスを貰う為に必要な利用金額の達成をギフトカードの購入で行うことは出来ない
  • アメックス 初回ボーナスに関するルール
    初回ボーナスが貰える各カード生涯一度きりなので、初回ボーナス額が高い時に発行すべき
  • Bank of America(以下BoA) 2/3/4ルール
    BoAの発行するクレジットカードは直近2ヶ月で最大2枚、直近12ヶ月で最大3枚、直近24ヶ月で最大4枚までしか発行できない

自分がどの航空会社、ホテルのマイル・ポイントが欲しいかを分析しよう!

出来る限りのマイル・ポイントを獲得したいですが、上記のルールや駐在期間などにより発行出来るカードは限られると思います。

なので自分の現在の保有マイル・ポイント、お住いの地域、好みの航空会社、行きたい旅行先にあるホテルブランドなど、どの航空会社・ホテルブランドのマイル・ポイントが欲しいのかを事前に分析してみましょう!

航空会社を決める場合は自分のお住いの空港から「どの航空会社だったら日本への直行便があるか」「どの航空会社であれば便数が多いか」などがポイントとなってくるでしょう。

ホテルであれば好みもありますが、世界的な規模でどれだけ客室数が多いのかという点も一つの指標になります。

ホテル会社主なブランド総客室数
マリオット、SPGグループマリオット、リッツカールトン、シェラトン約100万室
ヒルトンヒルトン、コンラッド、ダブルツリー約70万室
IHGインターコンチネンタル、ホリデイイン約70万室

メイがオススメするクレジットカードとその順序

メイ

正解は無いかもしれませんが、上記のルールを加味した上でメイなりのオススメの発行順序を考えてみました。

※前提としてANA USAカードなどを10ヶ月程使い、ある程度のクレジットカードヒストリーがあるものとします。

1番目:Chase Sapphire Preferred Credit Card

カード発行会社:Chase

理由

Chaseのクレジットカードは他社のカードを含み、24ヶ月以内に5枚以上のクレジットカードを発行出来ないというChase 5/24ルールがある為、まず最初に作るべきカードです。

その中でもChase Sapphire Preferred Credit Cardカードを最初に選んだ理由としては、

  • 初回ボーナスが50,000ポイントあり、ポイントをマイルやホテルポイントへ移行できる
  • トラベル、レストラン関連での利用で1ドル2ポイント付く
貯まったポイントを色々な種類のマイルやホテルポイントへ移行出来る為、使い勝手が良いのと、日々の決済でも旅行関連とレストラン利用で2ポイント貯まる為、取りこぼしなくポイントを貯めることが出来るからです。

注意
このカードの上位互換となる年会費が450ドルのChase Sapphire Reserveですが、このSapphire系のクレジットカードは同時には2つ以上作れないというルールがあります。

またSapphire系クレジットカードの初回ボーナスは、一度貰ってから24ヶ月以降でないと貰えないというルールもありますので、もしChase Sapphire Reserveを発行したいという場合はそちらを1番目として発行して下さい。

メイとしてはSapphire Reserveは年会費が450ドルと高額で、後でアメックスプラチナを発行する予定がある為、Sapphire Preferred Credit Cardを選びました。

2番目:United MileagePlus Explorer Card

カード発行会社:Chase

理由

Chase5/24ルール対象のクレジットカードであり、初回ボーナスとしてユナイテッド航空のマイルが貰えるからです。

このクレジットカードでユナイテッド航空の航空券を購入すると1ドル2マイル貯まり、預入荷物の手数料(通常25ドル)も家族分含めて無料になります。

またユナイテッド航空のマイルは日本国内でも使い勝手が良く、同じスターアライアンスメンバーのANAが運行する東京から日本全国(沖縄を除く)の往復特典航空券をわずか1万マイルで発券することが出来ます。

初回ボーナスで5万マイルを貰った場合、5往復分の特典航空券が使えるということですね。

またユナイテッド航空のマイルは何かしらの利用実績があれば18ヶ月間有効期限が延長される為、実質無期限とも言え日本のANAやJALのように有効期限切れでマイルが失効するということもありません。

3番目:Marriott Rewards Premier Credit Card

カード発行会社:Chase

理由

こちらもChase5/24ルール対象のクレジットカードであり、初回ボーナスとしてマリオットのポイントが貰えるからです。

正直発行順序に関しては2番目と3番目は入れ替わっても問題ありません。

バランスとしても、飛行機はユナイテッド航空を使い、ホテルはマリオットというな取り急ぎの形が出来ると思います。

またカード発行1年毎のアニバーサリーとしてカテゴリー1〜5のホテルで使える無料宿泊券の特典もあります。

使い方はこちらの記事に纏めてあります。

【マリオット】無料宿泊サーティフィケートを使った予約の方法

4番目:IHG Rewards Club Select Credit Card

カード発行会社:Chase

理由

Chase5/24ルール対象外と言われているカードですが、Chase5/24ルール対象のカードでその他に魅力的なカードがない点と、このカードがいつChase5/24ルールの対象になるかわかりませんので、いつ対象となっても問題無いよう4番目に持ってきました。

このカードですが、メイが日本へ帰任しても持ち続けたいと思っているクレジットカードです。

なぜなら年会費が49ドルにも関わらず、カード発行1年毎のアニバーサリーとしてIHGグループどこでも使える無料宿泊券が特典として与えられます。この特典で1泊1,000ドルするインターコンチネンタルホテルにだって泊まることも可能です!

また更なる特典としてプラチナエリートステータスが与えられる為、年会費49ドルとしては安すぎるほどのお得なクレジットカードとなっています。

5番目:アメックスゴールドカード

カード発行会社:Amex

理由

Chaseの次はアメックス系のカードが魅力的なカードが多いです。

アメックスゴールドの初回ボーナスは以下の記事の方法で5万ポイント貰うことが出来るのと、ガソリンスタンド、スーパー、レストランでの利用で1ドル2ポイント貯まり、ポイントもANAを含む様々な航空会社へのトランスファーが可能です。

アメリカ版アメックスクレジットカードで、初回ボーナスを通常よりも多く貰う方法(スペシャルオファー)

ちなみに順序としてはアメックスゴールドが先で、アメックスプラチナが後です。そうすれば両方のクレジットカードの初回ボーナスを貰うことが出来ます。

アメックスプラチナを先に発行した場合、アメックスプラチナの特典として「アメックスゴールドを年会費無料で発行出来る」という特典がある為、アメックスゴールドの初回ボーナスが貰えない可能性があります。

7番目:アメックスプラチナカード

カード発行会社:Amex

理由

初回ボーナスで75,000ポイント貰うことが出来、年会費550ドルをペイオフ出来る様々な特典があるからです。

以下の記事に詳しく纏めてありますので、そちらを参照下さい。

アメリカ版アメックスプラチナカード メリットや特典を詳しく紹介します!(Amex Platinum)

8番目:SPGアメックス

カード発行会社:Amex

理由

初回ボーナスとして30,000SPGポイントが貰え、マリオット及びSPG系のホテル利用時に多くのポイントが貯まります。

またSPGポイントの特徴として、

  • 1SPGポイント→3マリオットポイントに変換可能
  • 25,000SPGポイント以上の変換で1SPGポイントが1.25倍で他社のマイル(JALなど)に変換可能
などポイントとしての価値が非常に高いです。

また2018年以降のマリオットの統合により将来なくなるカードですので、なくなる前に初回ボーナスポイントを貰っておきましょう。

9番目:他のアメックスカード

9番目に関しては、番外編です。

アメックスのクレジットカードは1人4枚までしか同時に持つことが出来ないと言われているので、通常この4枚目が最後の1枚となりますが、 メイは上記のように7枚発行出来ています。

なので4枚以上発行出来るのであれば、メイのように初回ボーナスが高い時にデルタ航空のカードとヒルトン系のカード両方の発行が出来ればベストです。

ただ4枚しか発行出来ない場合もありますので、4枚目はデルタかヒルトンのカードの特性を考慮し自分にあったカードを発行をオススメします。

アメックスの各カードの特徴や特典はこちら。

アメリカ アメックスクレジットカード特典・概要早見表

10番目:British Airways Visa Signature Card

カード発行会社:Chase

理由

今のところChase5/24ルールの対象外のクレジットカードだったので後回しにしましたが、是非発行しておきたいカードです。

時期によっては最大10万Aviosの初回ボーナスが貰えます。

ブリティッシュエアウェイズのマイルもユナイテッド航空同様日本国内での使い勝手が良く、同じワンワールドのJALが運行する東京から日本全国(沖縄を除く)の往復特典航空券をわずか9,000マイルで発券することが出来ます。

初回ボーナスで10万マイルを貰った場合、11往復分の特典航空券が使えるということですね。

また自分以外の他人の特典航空券も発行出来ますので親族や友達の特典航空券にも自分のマイルを使うことが出来ます。

11番目:Citi AAdvantage Platinum Select World Elite  Mastercard

カード発行会社:Citi

理由

普段アメリカン航空を使われる方は、Chaseのカードを一通り発行した後に発行しても良いかもしれません。

2017年12月の時点では過去最高の6万マイルの初回ボーナスがゲット出来るLimited Time Offerを行っていたので、メイも先日発行しました。

12番目:AAdvantage Aviator Red World Elite Mastercard

カード発行会社:Barclay

理由

こちらも2017年12月の時点では過去最高の6万マイルの初回ボーナスがゲット出来るLimited Time Offerを行っていたのでメイも発行し、Citiと合わせて12万マイル獲得予定です。

ちなみに他のクレジットカードと異なり初回ボーナスに必要な利用金額というものは無く、カード発行後1ドルでも良いで利用すればボーナスをゲットすることが出来ます。

まとめ

以上がメイがオススメするアメリカのクレジットカードの発行順序になります。

Limited Time Offerなどのタイミングの部分にも影響されますので、全てのこのようにする必要はありませんが、各クレジットカードの特性をしっかりと把握した上で、戦略的にクレジットカードを発行することをオススメします。

アメリカにいる期間も限られている方もいらっしゃると思いますので、自分がどのマイル・ポイントが必要かをしっかりと分析し、出来るだけ多くのマイル・ポイントを獲得しましょう!

2 Comments

Vongole veraci

貴情報よりAMEX PLTNを初CCとし過日SPG JPから移転完遂。感謝です。一つ質問ですが本CC付帯のAirline fee 200$は機内販売使用可でしょうか。

返信する
メイ

ご連絡ありがとうございます!
はい、Airline feeに関しては、荷物預け入れ費、アップグレードの他、機内販売でも使用可能です。
宜しくお願い致します。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です