サイト工事中につき、一部表記が乱れます。

アメリカで生活する人が年間30万以上のマイルやポイントを貯める方法

メイ

どうもメイです。今日はマイルとポイントに関する超重要なお話しをします。アメリカ在住の方は是非ご一読下さい。

いきなり質問です。

現在アメリカ在住の皆さん、日本からアメリカに来る際ってどうやって来ましたか?
恐らく99.9%の方が「飛行機に乗って来た」とお答えになると思います。

もう一つ皆さんにお伺いしたいのが、アメリカ国内で旅行先に行く時ってどうやって行きますか?
車で行く時もあるでしょうが、アメリカは国土が広いので飛行機に乗る機会が多いと思います。

そうなんです。実はアメリカ在住の方は、日本にいる方よりも飛行機に乗る機会が多いんです。

駐在として来ている方であれば日本への一時帰国や本帰国の際も飛行機に乗りますしね。

一方で、飛行機に乗る時や旅行するの際の悩みとして、

  • エコノミークラスでのフライトが辛い
  • 家族4人で一時帰国や旅行となると航空券代だけでも相当な出費となる
といったお悩みがあると思います。

 

実はその悩み、解消できる方法があります。マイルやポイントを使って。

マイルやポイントを貯めればビジネスクラスで日本へ帰ることが出来ますし、旅行を無料で行くことも出来ます!

メイのマイル・ポイント獲得実績

マイルやポイントの貯め方をご説明させて頂く前に、メイがこの1年で貯めたマイル・ポイントをご紹介します。

少々見づらいですがANAのマイルは年末年始に妻がシカゴへ遊びに来るのにビジネスクラスを発券し9万マイルほど減りましたが、それまでは夫婦合わせて30万マイル弱ありました。

  • 30万マイルあればビジネスクラスで日本・シカゴを3往復半できます!
  • エコノミークラスでも6名分無料で往復できちゃいます!

 

ANAのマイル以外にも

  • ブリティッシュエアウェイズのマイルが16万Avios
  • デルタ航空のマイルが14万マイル
  • ユナイテッド航空のマイルが8万マイル

貯まりました。

日本への往復へだって使えますし、アメリカのどこだって無料で行けます。

 

航空会社だけではありません。

ホテルのポイントも

  • SPGのポイントが14万ポイント
  • マリオットのポイントが11万ポイント
  • IHGのポイントが6万ポイント
  • ヒルトンのポイントが25万ポイント

が貯まりました。

繰り返しになりますが、これらマイルやポイントはこの1年間で貯めたものです。

マイルやポイントによって価値は異なりますが、少なくとも100万円以上の価値はあると思います。

ここまで読まれた方は

「とは言っても、マイルってたくさん飛行機に乗らないといけないんでしょ?」

「ホテルに宿泊してポイントを貯めるんでしょ?」

とお思いになられる方もいるかもしれませんが、飛行機に乗らなくてもマイルが大量に貯まります!

今からご紹介する方法を使えば誰でもマイルやポイントを貯めることが出来るんです!

しかも日本在住だと出来ない方法や、日本よりも多くポイントが貯まる方法がアメリカにはあります。

アメリカにいる今がチャンスなんです!

 

5つのマイルやポイントを貯める方法

大量のマイルやポイントを貯める方法は主には5つあります。

  1. アメリカのクレジットカードを発行する
  2. クレジット決済で上手にマイルやポイントを獲得する
  3. 日本のポイントサイト経由でポイントをマイルへ変換する
  4. 飛行機に乗ったりホテルに泊まってマイルやポイントを貯める
  5. キャンペーンに登録し、ボーナスマイルやポイントを貯める
アメリカのクレジットカードを発行出来るのはアメリカ在住の方だけです。

またアメリカのクレジットカード決済で貯まるマイルやポイントも、上手く使い分ければ日本のクレジットカードよりも還元率が高いです。

1. アメリカのクレジットカードを発行し初回ボーナスを貰う

この方法が一番簡単かつアメリカ在住の方しか出来ません。

アメリカはクレジットカード社会ということもあり、数多くの種類のクレジットカードがあります。各社もどうにかしてクレジットカードを作って貰おうと、日本のクレジットカードでは考えれれない程の大量の初回ボーナスを設定しています。

単純にクレジットカードを発行し3ヶ月以内に$3,000利用などの条件をクリアするだけで、5万~10万マイルが貰えたりします。

3枚クレジットカードを発行するだけで15万〜20万マイルが貯まり、これだけで2名分のビジネスクラス日本往復航空券がゲット出来ます。

注意
ただしクレジットカードを発行するにはソーシャルセキュリティナンバーが必要です。

また複数枚を発行していくには10ヶ月程度のクレジットヒストリーが必要なので、残念ながら来てすぐの方は時間が必要です。

アメリカのクレジットカードの概要については以下の記事に纏めてありますので参照下さい。

3ヶ月以内に$3,000といった高額な利用を出来ないという方もご安心下さい。
以下の記事の方法を使えば少額の手数料を払うだけで、この条件がクリア出来ます。

アメリカ版クレジットカード 初回ボーナスポイントを貰うために必要な利用金額を達成する為の裏ワザ

2. クレジットカード決済で上手にマイルやポイントを獲得する

マイルを貯める上で侮ってはいけないのが、クレジットカードによる決済で貯まるマイルです。

アメリカはクレジットカード社会ですが、皆さんどのクレジットカードを使ってますか?

メイはこの赴任してから2年程、ANA USAカード1枚のみを使ってホテルやレストラン、スーパーでの支払いに使っていました。

今考えると本当に勿体無いことをしていたなと思います。

だってANA USAカードは1ドルにつき1マイルしか貯まりません。

しかし、例えばアメックスゴールドカードで支払えばレストラン、スーパー、ガソリンスタンドでの支払い時、1ドル2ポイント貯まります。このポイントは1ポイント1マイルでANAのマイルへ交換が可能です。

2ポイントだからと言って侮ってはいけません。

日本で優秀なクレジットカードと言われているANA VISAワイドゴールドカードでも最大の還元率は1.73%です。しかもリボ払いや色々な条件をクリアして。

更にこれがChaseのSapphire Reserveというクレジットカードはレストランでの利用で1ドル3ポイントが貯まります。

アメックスプラチナで航空会社から航空券を直接購入すると1ドル5ポイントが貰えます。

以下の図のように、日々の積み重ねが日本往復エコノミーチケット分もの差を生み出します。

初回ボーナスを貰う為に複数枚のクレジットカードを発行しますので、状況によって上手にカードを使い分け、お得にマイルやポイントをゲットしちゃいましょう!

3. 日本のポイントサイト経由でポイントをマイルへ変換する

これは少し変化球です。

細かな内容は別記事で詳しく纏めますが、日本には数多くのポイントサイトがあります。

ホテルを予約する際、何か物を買う際などにそのポイントサイトを経由して購入すると数パーセントのポイントが貯まるというものです。

実はこのポイントサイトで貯まったポイントも、ある方法を使えば1,000ポイントをANAのマイル810マイルへ変換することが出来ます。

更にこのポイントサイト経由で日本の年会費無料のクレジットカードを1枚発行するだけで10,000ポイント貰えたりします。

つまり1枚クレジットカードを発行するだけで、10,000ポイント→8,100ANAマイルを貯めることが出来るんです!

もう正直訳がわかんないですよね。

とは言っても

アメリカ在住者がどうやって日本のクレジットカードを発行するのか?

とお思いになるかと思いますが、届け先となるご家族の住所(両親の実家など)があれば、ある条件下のカードであれば発行出来ます。

メイもアメリカからポイントサイト経由で日本のクレジットカードを10枚ほど発行し、約9万ANAマイルをゲットしました。

詳しくは以下の記事をご覧下さい。

4. 飛行機に乗ったりホテルに泊まってマイルやポイントを貯める

これは一番オーソドックスな手法ですが、単純に飛行機に乗ったりホテルに泊まるだけでは勿体ないです。

航空会社もホテルも「上級会員」というものがあります。

いくつかの段階にわかれていて、シルバー、ゴールド、プラチナのような感じでステータスが上がれば上がる程、様々な特典を受けることが出来ます。

その中でもマイルやポイントを多く貰う上で大事なのは上級会員向けの追加ボーナスマイルです。
ステータスに応じて数十パーセントのボーナスマイルを貰うことが出来ます。

以下はメイがユナイテッド航空に搭乗し、ANAのマイルを貯めた時のスクリーンショットです。
メイはプラチナというステータスを取得しましたので、95%の追加ボーナスマイルが加算されています。

この他にもANAの上級会員になるとラウンジ利用やプレミアムエコノミーの無償アップデートなど様々な特典を受けることが出来ます。

しかもアメリカ系航空会社のステータスと異なり、一度プラチナステータスになるとSFC(スーパーフライヤーズカード)というクレジットカードを発行すれば、ずっとこのような特典を受けることが出来るんです。

ANAのSFCについては別記事に纏めますので、しばらくお待ち下さい。

その他にも、マリオットの上級会員もステータスに応じて追加ボーナスが与えられます。

前置きが少し長くなりましたが、このようないくつかのステータスに関してはアメリカのクレジットカードを発行するだけでゲットすることが出来ます。

  • アメックスプラチナカード
    SPGゴールド(マリオットゴールド)、ヒルトンゴールドステータス
  • ヒルトンオナーズサーパス
    ヒルトンゴールドステータス

なんとなくですが、全て繋がっている気がしませんか?

マイルやポイントを貯める

アメリカのクレジットカードを発行して初回ボーナスを貰う

発行したクレジットカードを上手に使い通常の決済でもマイルやポイントを貯める

発行したクレジットカードの特典で上級会員になって、追加ボーナスマイル・ポイントを貰う

クレジットカードを発行し、ステータスをゲットとして通常よりも多くのマイルやポイントをゲットしましょう!

5. キャンペーンに登録し、ボーナスマイルやポイントを貯める

最後は「知らなきゃ損、取りこぼし注意」のマイルやポイントの貯め方です。

航空会社やホテルなどは定期的に様々なキャンペーンを行っています。

例えばマリオットはメガボーナスと題して、季節ごとに様々なキャンペーンを行っています。
事前登録さえすれば誰でも参加可能で、2017年の夏は2泊目以降1滞在につき2,000ボーナスポイント、更にホテルのブランドを変更する度に2,000ボーナスポイントというキャンペーンを行っていました。

メイもキャンペーンに登録し、なんと32,000ポイントものボーナスポイントを獲得しました。
これだけで1泊分無料宿泊できてしまうポイントです。

その他にもヒルトンホテルで、アメックスプラチナ保持者が2泊すると10,000ポイントというキャンペーンがありました。

もちろんこちらも漏れなくゲットしました。

このようにキャンペーンに登録するだけで貰えるマイル、ポイントがあります。

同じ宿泊するであればボーナスポイントを貰える方が良いですよね?

これに関しては「知っているか」「知っていないか」の違いになります。

このブログでもお得なキャンペーン情報は随時お届けしていきますのでお見逃し無く!

まとめ

以上がアメリカ生活をする上で、絶対に知っておくべき年間30万以上のマイルやポイントを貯める方法です。

ご紹介した方法全てを実践する必要はありません。

記事を読んで頂いて「これなら出来そう」ということからまずはスタートしてみて下さい。

ただし踏み出す最初の1歩がとても大切です。

やり始めなければ0は0のままですが、踏み出した先にはお得な旅が待っています。

フルフラットの快適シートで日本へ一時帰国したり

無料で南国リゾートへ旅行へ行ったり

アップグレードされた素敵な部屋に泊まることだって可能になります。

全てはすぐそこにあります。

せっかくアメリカに来て生活しているので、アメリカにいる間にしか出来ない旅行をしてみませんか?

「お得な旅を、全ての人に」

慣れない異国の地で頑張っている全ての皆さんが、お得な旅を通じて素敵な思い出を作って貰えたら嬉しです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です